HOME>イチオシ情報>債務の種類によって整理方法も様々に提案できる

色んな整理手段がある

通話する女性

名古屋にて借金の整理をしたい場合には弁護士に相談をしますが、借金を整理する方法にはどんなものがあるのか、ここも消費者としては気になる点でしょう。任意整理がありますし、裁判所に特定調停手続きを申し立てたり、個人再生手続きを申し立てるといった債務整理があります。これらはある程度まとまった返済資金が準備できる場合に利用できる、そうしたことを弁護士が伝えてくれます。また、借金の総額が大きく、なかなか返済できないことが伺い知れる場合には、裁判所に自己破産手続きを申し立てることになります。ちなみに、自己破産してしまえば、ブラックリストに情報が掲載されます。金融機関からの借り入れができないことが知られていますから、なるべくならば回避したい債務整理の方法です。もちろん、車や住宅も差し押さえられますが、最低限の生活ができる貯金、家具・家電などには赤札が貼られないことも知っておきましょう。

弁護士にできないこと

名古屋での債務整理ではブラックリストに掲載され、二度と借金できないことが謳われています。ブラックリストに掲載される期間は、任意整理で概ね5年、自己破産で概ね10年と言われています。しかし、自己破産すればいいといった考えだけは決して実行してはなりません。借金ができる金額には制限があり、個人は収入の3分の1を超える借金はできません。返済能力を超える貸付を禁止することによって、多重債務増加に歯止めをかける目的があります。ですから、いくら弁護士に相談したとしても借りられる額が増えることは決してありませんし、そうした能力は持ち合わせていません。

手こずることがある

名古屋での債務整理では、ヤミ金絡みというパターンも少なからずあります。法律で規制された利率の上限を大きく超える違法性の高い利率を設け、過剰な貸付を行う金融業者です。ですから、いくらでも借りられると勘違いする消費者も少なくありません。また、過剰な取り立てに恐怖感をおぼえる消費者も少なからずいますが、一般的な金融業者と異なり、裏社会で活躍をする金融業者です。弁護士が介入したとして、話し合いの場が作れず、交渉決裂することも少なからずある話しです。手こずる、そうしたヤミ金絡みの依頼内容は時間がかかることを承諾しましょう。